ultan.net: 新しい太陽の書

Last Updated:

01/14/2006




新しい太陽の書

このサイトは、米国の作家ジーン・ウルフ (Gene Wolfe) の書いたSFシリーズ「新しい太陽の書」と、ウルフの他の作品をご紹介するものです。「新しい太陽の書」シリーズの原題は "The Book of the New Sun" ですが、 "The Book of the Long Sun" "The Book of the Short Sun" などの関連する作品も含めて "Urth Cycle" と呼ばれることも多いようです。日本ではシリーズ第四作までが早川書房から翻訳出版されました。邦訳は長い間版元品切れとなっていましたが、2005年9月<創立60周年記念リバイバル・フェア>の一環として遂に早川書房から復刊されました。

また2004年7月には国書刊行会の<未来の文学>第1期第1回配本として初期の傑作「ケルベロス第五の首」が刊行され、2004年10月号のSFマガジンではウルフ特集が掲載されました。2005年秋に予定されている<未来の文学>第2期では、やはり第1回配本として初期短編集「デス博士の島その他の物語」の刊行も予定されています。

このサイトのコンテンツの多くはネタバレを含んでいます。もしもあなたが「新しい太陽の書」をまだ読んでいなくて、どのようなものか知りたいとお思いなら、できればまずは イントロダクション のページをお読みください。

物語 のセクションでは「新しい太陽の書」を初めとするウルフの作品を紹介します。

世界 のセクションでは作品の舞台となるウールスの謎にせまります。

人物 のセクションは主要登場人物・その他の一覧です。

雑文集 のセクションにはウルフ関連以外の雑文を置いてあります。

掲示板 のセクションにはフロート式の掲示板を設置してみました。

リンク のセクションはウルフ・SF関連のものが中心です

更新履歴

01/14/2006: サーバーを移転しました。多少は早くなっているかと思います。

11/13/2005:セクラ」を更新しました。

10/30/2005:セクラ」を追加しました。

10/23/2005:セヴェリアン坊や」を追加しました。

10/15/2005:翻訳に関するノート」を追加しました。

10/10/2005:セヴェラ」を追加しました。

10/08/2005:セア」を追加しました。「カーイビット」を補足しました。

10/03/2005:モーウェンナ」を補足しました。

10/02/2005:スキュラ」「スタチズ」「モーウェンナ」を追加しました。

09/24/2005:オールタイム・ベスト・ランキング」「『ケルベロス第五の首』に関する枝葉末節メモ」を追加しました。

more

ultan.net別館

10/29/2005: [Books][GW]Soldier/Latroシリーズの第三作   Nick Gevers氏によるUrth mailing listへの投稿によると、ジーン・ウルフは ”Soldier of the Mist” (1986), ”Soldier of Arete” (1989)に続くSoldier/Latroシリーズの第三作、”Soldier of Sidon” を脱稿、既にエージェントに渡したとのこと。2006年後半頃に出版の予定。また同シリーズ完結篇となる第四作も執筆の予定とのこと。 ”Soldier of Sidon” の後には、”Pirate Freedom” ...

10/29/2005: [Others]人生、宇宙、すべての答え   Googleの電卓機能では「人生、宇宙、すべての答え」と入力すると ”42” との答えが返ってくる(英語では ”answer to life the universe and everything”)。電卓機能では主要通貨の換算や物理定数もサポートしているので、「100円 掛ける 人生、宇宙、すべての答え をユーロで」とか「光速 割る 人生、宇宙、すべての答え の平方根 掛ける 重力加速度」とかも計算できる。 ダクラス・アダムス作「銀河ヒッチハイク・ガイド」(安原和見訳、河出文庫版)の226ページで、 ...

10/29/2005: [Others]SR-E10000買いました   お恥ずかしい話だが、これまで辞書と言えば学生時代に買ったボロボロのリーダーズ初版か、でなければオンラインの翻訳とかしか使っていなかった。そろそろ電子辞書でも買ってみようかと思い、SIIのSR-E10000を購入。最初はSR-E8000か、電車の中でも使えそうなポケット・サイズのSR-M7000を買おうかと思っていたのだが、SR-M7000はやはりキーが押しにくそうだし、どうせなら一番いい奴にしちゃえ、と思ってオンライン通販で約40,000円で購入。収録辞書の(紙の)価格を合計すると12,3万円くらいな ...

10/15/2005: [Music][Bach]ガーディナーのJ.S.バッハ・カンタータ巡礼第10巻など   最近購入したCD。 ジョン・エリオット・ガーディナーのカンタータ巡礼全集第10巻 CD 1枚目:三位一体節後第19日曜日のカンタータ。BWV48, BWV 5, BWV 90, BWV 56収録。2000年10月29日Potsdamでのライブ録音。 CD 2枚目: 宗教改革記念日のカンタータ。BWV 79, BWV 192, BWV 80収録。2000年10月31日Wittenbergでのライブ録音。 今回のCDジャケットはアフガニスタンの少女。 トン・コープマンのカンタータ全集第2巻 ...

10/15/2005: [Books]書物としての新約聖書   田川建三著の有名な本。前から読みたいとは思っていたものの、なにぶん高価で分厚い本なので、オンライン通販ではなく現物を見てから、と思っていたところ、会社の近くの本屋にあるのを見かけて衝動買い。 内容は著者いわく「そもそも新約聖書とは何なのか」という問いのうち、外面的な部分に答えるための「新約聖書概論序説」というようなもので、内容は以下の通り。 第1章は新約聖書正典化の問題、つまりどのような文書がどのようにして、どのような意図のもとに「聖書」「正典」とされるにいたったのか。 第2章は言語、つまり新約聖書 ...

10/08/2005: [Movies]銀河ヒッチハイク・ガイド   昨晩やっと「銀河ヒッチハイク・ガイド」を観てきた。実は一週間前に見ようと思って六本木ヒルズの指定券をネットで買ってあったのだが、仕事がどうしても終わらなくて1,800円無駄にしたので、今回は二度目の挑戦。金曜夜8:30の回だったが、客の入りは6割くらい。若い男性が多いのはまあ当たり前だが、自分も含めネクタイを締めた中年男性がそれなりにいた。オールドSFファンか? 50前くらいの男性と、わりと若めの女性のカップルというのが結構いた。ひょっとして中年のSFファンというのはもてるのか? そうなのか? 職場で ...

09/24/2005: [Movies]チャーリーとチョコレート工場   遅ればせながらティム・バートン監督の「チャーリーとチョコレート工場」を観に行った。内容はまあ予想していた通りで、なかなか楽しい、DVDが出たらレンタルでもう一回観るかもしれないが、自分でDVD Boxを買うことはないか、というくらい。ちょっとネットで事前に情報を入れすぎたかもしれない。それでもSW EP3なんかよりは100倍くらい面白い。 だいたいはロアルド・ダールの原作通りだが、ジョニー・デップのウィリー・ワンカは賛否両論ある通り、原作とかなり異なっており、自分としては原作のままの方が良かったように ...

09/24/2005: [Movies]テオ・アンゲロプロス特集   10/29から11/11まで吉祥寺バウスシアターでテオ・アンゲロプロス特集をやるらしい。上演作品は「旅芸人の記録」「狩人」「アレクサンダー大王」「シテール島への船出」「蜂の旅人」「霧の中の風景」「こうのとり、たちずさんで」「ユリシーズの瞳」「永遠と一日」「エレニの旅」の10本で、初期作品の「再現」と「1936年の日々」以外の全ての長編作品が含まれる。 せめて一本でも二本でもスクリーンで観ておきたいけれども、吉祥寺はちょっと遠いな。ちなみにこれまでスクリーンで観たのは「旅芸人の記録」「アレクサンダー大王 ...

09/23/2005: [Books][GW][Urth]Lexicon Urthus 第2版情報   2002/5に版元品切れとなっていたMichael Andre-Driussiによる「新しい太陽の書」の用語集 ”Lexicon Urthus” が、版元のSirius Fictionから訂正、追加を含めた第2版発行予定らしい。追加部分には第5巻までのシノプシスと、名前付きで登場する全てのキャラクター解説が含まれるとのこと。だとしたらやっぱり買わないとね。 ただしおそらくオンデマンド出版で発行予定は1-2年後という気の長い話。どうしても待てない人は$24プラス送料でコピー版を送ってくれるらしい(おそら ...

09/23/2005: [Books][GW]ジーン・ウルフ作品収録アンソロジーその2   絶版のアンソロジーのうち「999 聖金曜日」と「いにしえの呪い」をamazonマーケットプレースで入手。 「999 聖金曜日」:「木は我が帽子」”The Tree Is My Hat” 収録 「いにしえの呪い」:「スリアンの翡翠の兎」”The Green Rabbit from S’Rian” 収録

09/23/2005: [Music][Bach]バッハ新発見アリアのニュース動画   フジテレビ・ニュースジャパンの記事で、2005/9/15のBCJ第70回定期演奏会でのBWV 1127 ”Alles mit Gott und nichts ohn Ihn”「神と共にすべての事に当り」の動画あり。 そうか、カメラがあるなと思ったら滝川クリステルが来ていたのか。気がつかなかった。というか自分しっかり写ってるし。

(Top page) Today: 00017, Yesterday: 00023, Total: 00093399
(Site) Today: 00032, Yesterday: 00132, Total: 00002025
Since 01/01/2002

管理人連絡先 webmaster@ultan.net