ultan.net: 登場人物

Last Updated:

08/03/2002




玉座の従者 servants of the throne

独裁者に仕える階級の総称。拷問者をはじめとする<城塞>の各種組合に属する人々から、<絶対の家>で実際に独裁者の側に仕える宮廷人までを含むようです。後者の例としては、<控えの間>を出たセヴェリアンが出会うオディロなどがいます。

独裁者――高貴人を信用していないらしいが、それはもっともである――を囲んで、"玉座の従者" がいる。彼らは独裁者の軍事・民事、両面にわたる行政官であり、顧問である。彼らは平民から登用されるらしい。また、彼らが、自分たちが受けた教育は貴重なものだと考えていることは、注目すべきことである(これと対照的に、セクラがそれを軽蔑し、嫌悪していることに注目されたい)。セヴェリアン自身と、<城塞>のその他の住民は、ウルタンを除いて、この階級に属するといってよいであろう。--「調停者の鉤爪」付録

セヴェリアンの前の独裁者であるアッピアンもまたこの階級出身です。また初代の独裁者であるイマールをはじめとして、歴代の独裁者のほとんどが実は玉座の従者の出身であるようです。高貴人や大郷士でなく、もともとは平民である玉座の従者が独裁者を生み出してきた、というのは、共和制ローマの護民官制度を思わせます。同時に代々の独裁者に仕えてきたイナイア老の意志も影響しているのでしょう。

M: メニュー I: インデックス P: キャスドー N: グアザヒト

管理人連絡先 webmaster@ultan.net